本文へスキップ

株式会社せきづかは発泡スチロールを専門とする製造、販売会社です。

TEL. 0428-31-4115

〒198-0023 東京都青梅市今井3-6-11

発泡成形Foaming molding


※図のクリックでジャンプ

予備発泡工程(一次発泡)

  • 原料ビーズを成型の前の段階で、必要な大きさまで膨張させて置く工程
  • バッチ式予備発泡機
    一定量原料ビーズを投入して攪拌しながら加熱し、釜の容積に膨張したところで加熱を止め、発泡粒子全量を取り出す。




発泡粒子の熟成

  • 発泡粒子を、不安定な状態から安定な状態に移行させ、成型工程において良い成型品が生産されるようにする工程
  • 熟成
    予備発泡粒子を時間をかけて空気を気泡内に侵入させ、気泡内の圧力を大気圧とバランスさせながら、ポリスチレン気泡膜を硬くし、かつ気泡表面の水分を乾燥させるために行う。


●金型組み立て

  • 発泡スチロールの金型を成型機に取り付けるための、付帯器具を組み込む工程
  • 金型組み付け
    金型は基本的に凹型、凸型、プレート板で構成され、それぞれをフレーム枠に組み込む。
    その後に充填器、エジェクトピン、その他器具を組み込む




  • 発泡スチロールの金型を成型機に取り付け、成型できるように準備する工程
  • 金型交換
    金型交換は前回まで生産していた、金型を成型機から取り外し、今後の生産する金型を成型機に取り付ける。
    取り付け後に、成形できるように様々な、成型機の条件をセットする。
    また、試し成形を行い、品質確認をする。






成形

  • 予備発泡粒子を金型に充填して加熱し、再膨張と粒子相互の融着を行わせて目的の成形品を得る工程
  • 成型機の成形工程
    1.原料の充填(金型に予備発泡粒子を流し込む)
    2.金型加熱(蒸気を入れ、粒子を融着させる)
    3.冷却(金型に水をかけ冷却する)
    4.放冷(真空で水の気化熱を利用して冷却と、成形品の安定を図る)
    5.離型(エアー、エジェクトピンにより金型より、離型させる)










  • 成型機より排出された、成形品を品質項目により検査して、良品を台車に搭載する工程
  • 成形検査項目
    1.成形品の重量(水分を含んだ状態)
    2.成形品の外観(形状、傷、変形、汚れ等)







  • 成型機より排出された、成形品の内部及び表面の水分(気体及び液体)を大気中に放出させる工程
  • 乾燥装置
    1.乾燥温度(50℃〜60℃)
    2.乾燥時間(2時間〜4時間)
    3.蒸気熱、コンプレッサー廃熱利用




  • 乾燥工程より排出された成形品を検査し、規定入り数にまとめ、ポリ袋、ダンボール等で梱包する工程
  • 梱包検査項目
    1.成形品の重量(管理範囲内)
    2.成形品の外観(形状、傷、変形、汚れ等)
    3.梱包後の入り数、セット内容の確認





出荷

  • 倉庫保管された製品を出荷指示に従って、最終検査し、出荷する工程
  • 最終検査項目
    1.セット内容の確認、梱包体の外観
    2.出荷数の確認


バナースペース

株式会社せきづか

〒198-0023
東京都青梅市今井3-6-11

TEL 0428-31-4115
FAX 0428-31-5195

予備発泡 熟成 型交換 型組 成形 乾燥 梱包 出荷 予備発泡工程 金型組み立て工程 金型交換工程 成形工程 成形検査工程 乾燥工程 梱包工程 梱包検査工程  出荷検査工程